カスタム検索

2007年06月20日

富山の冤罪事件

富山県の冤罪事件の再審の初公判のことを、テレビのニュースで見ました。
エエッ!
ひどい話です。
詳しくはこちら。(毎日新聞より)
『富山県警に強姦(ごうかん)などの容疑で逮捕された男性(40)が服役後に無実と分かった冤罪(えんざい)事件で、男性の無罪を確定させる再審の初公判が20日、富山地裁高岡支部(藤田敏裁判長)で開かれた。男性は「身に覚えはない」と起訴事実を否認。検察側は冒頭陳述で「被告人は無罪です」とのみ述べ、男性の事件への関与を否定した。一方、弁護側は「男性が犯人であるとの強い予断に基づき、虚偽の自白を強要して刑事被告人に仕立てた」と警察・検察の捜査手法を厳しく批判。県警の取調官の証人尋問を求めたが、藤田裁判長が却下した。弁護側は今後、本人質問などを通し、冤罪が起こった原因や背景を追及する。
 男性は02年1、3月に同県氷見市であった強姦と同未遂事件で懲役3年の有罪が確定。約2年1カ月の服役後、「真犯人」とされる松江市の大津英一被告(52)が氷見市の2事件について認め、現場の遺留物とDNAも一致した。大津被告の公判は継続中だが、検察は「男性の名誉回復を急ぐ必要がある」と、大津被告の有罪確定前に再審請求する異例の展開に』

再審初公判終了後に記者会見した男性は、弁護側が求めた取調官の証人尋問が却下されたことについて、「非常に残念に思う。3人の裁判官の頭に五寸くぎを打ちたい」と言ったそうです。
なんてことを言うの!?
と思いましたが、冤罪で刑務所に何年も入っていたのだから、怒りも当然です。

この方は、たまたま真犯人がわかり、無実ということがほとんど完璧に証明されたからいいですが、きっと他にもまだまだごまんと冤罪で刑務所に入っている人がいるのではないかと思えてしまいます。
うー怖い。クワバラクワバラ・・・
ラベル:冤罪
posted by アフロ・レイ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。