カスタム検索

2007年05月27日

緑資源機構の談合

いつまで経ってもなくならない談合事件。
ここのところは、農水省所管の「緑資源機構」談合事件が新聞の紙面を賑わせています。
これは氷山の一角。というより、砂浜の砂の一粒、くらいなもんでしょう。たちが悪いのは、しまった! と反省しているのは、逮捕された当事者達くらいなもので、周りは全然気にしていないということでしょう。(もちろん、すみません、すみませんと反省しているフリはしますが)
だからいつまで経っても談合はなくなりません。金太郎飴のように切っても切っても、人を代えただけで同じ談合が繰り返されるのですから。

腹が立つのはやっぱり官製談合です。天下りしておいしい汁を吸っている元役人が談合を取り仕切って、更においしい汁を増やして吸っている。
考えただけでもかっかとしてきてしまいます。ちっ(怒った顔)

更に更に今回はあの松岡農水相が絡んできます。
またお前か!
いい加減に辞めろよ。
大臣を。
そして議員を。
人間性に問題ありです、この人。
結局、こういった人たちを切れない安倍さんにも問題あり、かな?
posted by アフロ・レイ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、政治を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。