カスタム検索

2007年02月21日

安倍内閣

新しいカテゴリを加えました。わーい(嬉しい顔)
政治や教育問題、スポーツのことなど、日ごろ思っていることを綴っていきます。

まずは政治。
あまり詳しくはないのですが。
 
安倍内閣、支持率の低下に歯止めがかかりません。
私も、どうも期待はずれな感は否めません。
私の好きだった小泉前首相は、我が道を行くというタイプだったので、安倍さんが、もう少し与党寄り、というか、みんなで協力して政治を盛り上げていこうというやり方をするのは、決して間違っているとは思いません。
でも、あまり政治のことに詳しくない私にとっては、昔のイメージの良くない派閥政治に逆戻り。そんな感じです。
おまけに閣僚の方々、首相を立てるとか、首相に従うとか、そんな風に見えません。みんなテンでばらばら、好き放題にやっているようです。
そんなところへ持ってきて、柳沢伯夫厚生労働相の「生む機械」の問題発言。
さっさと切ってしまえばいいものを、だらだらとかばい続け、年上の柳沢さんに頭が上がらないのかな?
安倍さんは柳沢さんの言いなりじゃないの?
そんな風に見えてしまいます。

そして中川幹事長。
昔の愛人問題は、遠く遠く遠い過去の話になってしまったようで、また自民党内で幅を利かせています。
私は中川さんは嫌いだったのですが、今の内閣を見ていると、中川幹事長がすごく頼もしく見えてしまいます。
そんなときの「閣僚が首相をなめている」発言。
内閣に対する叱咤激励といえばそう取れるでしょう。
でも、自民党内での内閣に対する評価が見て取れる発言で、結局中川さんも墓穴を掘ってしまったようです。
posted by アフロ・レイ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、政治を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。