カスタム検索

2011年04月13日

第二のチェルノブイリとなった福島第1原子力発電所

福島第1原子力発電所の事故が国際評価で「レベル7」となりました。チェルノブイリと並ぶ、世界でもっとも深刻な原子力発電所の事故となったわけです。
チェルノブイリに比べると、放射能の漏れた量は少ないという人もいるようですが、福島第1原子力発電所からは未だに放射能の流出が続いていて、食い止めることが出来ません。
日本は、いえ、日本の近隣諸国を含めた地域は、徐々に放射能に汚染されているのです。もうやだ〜(悲しい顔)

今日のニュースでは、首相が原発周辺には住めなくなると言ったとか言わなかったとか、という記事があります。
そんなこと言わなかったかもしれませんが、そうなる可能性は十分あります・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

なぜこんな事態になってしまったのでしょう。
東京電力だけが悪かったのでしょうか?
そもそも原子力発電を発電の主力にしようとしたのは国の政策だったのでは?
とっくに耐用年数がすぎた福島原発の1号機を未だに使い続けさせたのも、国の政策だったのではなかった?

東京電力ばかりを責めるのもどうなのかなという感じはします。

しかし。
官僚の天下りの大口の受け入れ先だった東京電力は、他の電力会社に対してかなり威張りくさっていたようで、今回の東京電力の非常事態をいい気味だといってほくそ笑んでいる人たちがかなりいるとかいないとか・・・・ふらふら
posted by アフロ・レイ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。