カスタム検索

2011年03月30日

サッカー チャリティーマッチの三浦知良

昨日のサッカーのチャリティーマッチ、日本代表対Jリーグ選抜の試合をテレビ観戦。といっても、試合が始まる前にウトウト・・・・眠い(睡眠)
ふと気が付くと試合の後半が始まっていました。ふらふら
ということで、後半戦だけの観戦。日本代表のいいメンバーは前半で交代してしまったようで、少々残念。それでも、いい面、悪い面ふくめて、久しぶりに中村俊輔のプレーが見れて良かった。わーい(嬉しい顔)
後半での注目の人は、途中から出場した三浦知良です。やっぱりキング・カズ。何か持っています。見事なゴールを決め、試合を盛り上げてくれました。

三浦知良といえば、昔はカズダンスのイメージが強く、単なるサッカーバカという印象でした。しかし、ここ数年のテレビなどでのカズの言動を見ていると、単なるサッカーバカじゃなく、まともなサッカーバカなのだと思うようになりました。
しかし。
昨年あたりから、確か日経新聞でカズのコラムを目にするようになって、ああ、カズって、賢いサッカーバカだったんだといまさらになって気が付きました。

その三浦知良が数日前に、昨日のチャリティーマッチについて書いていました。
内容はちょっと曖昧なのですが、だいたいこんなんだったと思います。
「試合に出たらがんばってやる。サッカーを一生懸命やったところで、被災し大切な家族や家を失った人たちの力になれるとは思わない。でも、サッカー選手としてできるのは精一杯サッカーをすること」
被災した人たちサッカーで勇気を与えたいといっている人たちが多い中で、三浦知良って違うなと、さらに気付かせてくれる文章でした。

そのカズが決めたゴール。本当に素晴らしい。わーい(嬉しい顔)
posted by アフロ・レイ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、スポーツを見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。