カスタム検索

2010年03月02日

オリンピックに見る世界の中の日本

なんか硬いタイトルを付けちゃいました。わーい(嬉しい顔)
ま、それはいいのですが。

バンクーバーオリンピック、終わってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
やっぱりオリンピックは盛り上がるなぁ。
楽しかった。
そして日本のメダルは5個。金メダルは無し。
果たしてこれはよかったのか悪かったのか?

すごいなと思ったのはフィギュアで注目されたキム・ヨナの韓国。
金メダル6個を含む14個のメダル獲得です。
これは浅田真央とキム・ヨナを見ていてなんとなくわかるような気がします。ニコニコしていて人がよくて素直な真央ちゃん。やるとなったら必ずやりぬくという気があふれているキム・ヨナ。
これが日本と韓国のメダルの差かなぁ。
まあ。韓国のエリート教育とか、国民性とか、いろいろあるとは思いますが。
そういえば、ここ数年の世界のゴルフ界での韓国人女性の活躍は目ざましいものがあります。また、サッカーでも、ヨーロッパでは日本人より韓国人のほうが活躍しているご時世です。
まだまだ韓国の世界進出は続きそうです。

それはまた、経済にもいえそうです。世界のソニーもナショナル(パナソニック)も、今は昔の話。
今や世界のサムスンです。
造船やらあれやらこれやら、忘れてしまいましたが、日本が韓国に追い抜かれてしまったものは山ほどあります。自動車だって近い将来そうなりかねない有様です。
その先には中国という更に大きな波が迫っていますし、この先どうなる、ニッポン!
posted by アフロ・レイ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、スポーツを見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142593717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。