カスタム検索

2010年02月06日

トヨタのリコール問題

アメリカから始まったトヨタ自動車のリコール問題。
今のトヨタを引っ張っているハイブリッド車の代表格、プリウスにまで飛び火して大変な状況になってしまいました。どうも裏にはいろいろなメーカーのいろいろな事情が絡んでいるようですが、素人の私にはよくわかりません。がく〜(落胆した顔)
しかし、もはや日本車の安心安全神話は崩れかかっていると見て間違いないでしょう。
今まで壊れない、品質が良いということでシェアを伸ばしてきた日本車ですが、アメリカ以外の他の国々のメーカーがそんな状況を指をくわえて見ているはずがありません。いまや韓国やヨーロッパのメーカーのクルマだって日本車とそれほど変わらないでしょう。
この先、日本のクルマ作りはどのようになっていくのでしょうか。


昨年、聞いた話ですが、トヨタは下請けの部品メーカーにかなりのコストダウンを要求したようです。その会社に少しでも余裕があるならその分を価格に載せて単価を下げろとすぐに要求されたようです。
そんなに下請けを締め付けて品質は大丈夫なのかなぁなんてそのときは思いました。
今回の件とは直接は関係ないと思いますが、これからもまだリコール問題が出てきそうで心配になります。

物価の高い日本で物を造り世界と勝負するには、徹底したコスト削減と効率化が求められ、それを強烈に推し進めてきたトヨタですが、果たしてそれが本当に正しい道だったのでしょうか。

今や日本を代表する企業トヨタ。トヨタが転べば日本も転ぶ?ちっ(怒った顔)


posted by アフロ・レイ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、経済を思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。