カスタム検索

2009年04月20日

新型プリウスのおめめ 1

新型プリウスがいよいよ発売になります。
すごい人気で、生産計画台数を見直して増やす方向に持っていくようです。
それも当然ですか。
もともと人気があり、先代プリウス(というか、まだ現行型)はモデル末期の昨年値上げしたほど。がく〜(落胆した顔)
3代目は初代や2代目ほどインパクトはないものの、人気モデルになること間違いなし! トヨタは稼げるドル箱カーとして売り出そうとしていたのではないでしょうか。
しかし、ホンダがインサイトを出してしまいました。プリウスには性能では勝てないと、徹底したコスト削減をして、値段で勝負に出た車です。本来ならインサイトとプリウスは車格の違いから住み分けができるはずでした。
しかしトヨタはそれが気に入らなかったようで、プリウスを薄利多売で売る方針に変えてしまいました。
乗り心地も性能もランクが上の車を同価格帯にぶつけてこられたのですから、インサイトは苦戦です。
今回もトヨタはホンダいじめをしているように見えますが、実は違います。(多分わーい(嬉しい顔)
今のライバルはホンダのインサイトだけですが、4、5年後のモデルチェンジのときには、たくさんのメーカーからハイブリッド、プラグインハイブリッド、電気自動車、エコディーゼルその他もろもろ・・・どれが生き残るのかわかりませんが、とにかくたくさんのエコカーが出ていることでしょう。
そのときになってプリウスをたくさん売ろうとしても遅いかもしれないのです。ライバルが少ない今のうちにプリウスユーザーをいっぱい作っておけば、数年後のモデルチェンジ後も代替ユーザーをたくさん確保できるというわけです。
(全て私のかってな想像です! 悪しからずわーい(嬉しい顔)

さて。
その新型プリウスのおめめ(ヘッドライト)について書くつもりでしたが、前置きが長くなりました。続きはまたこの次に〜。


posted by アフロ・レイ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。