カスタム検索

2010年02月25日

真央ちゃんガンバレー!

盛り上がりを見せているバンクーバー冬季オリンピック。
いよいよフィギュア女子のメダルが明日決まります。
順調に、ショートプログラムで1位と2位を獲得したキム・ヨナ選手と浅田真央選手。明日の結果が楽しみです。わーい(嬉しい顔)

そのほかにも、あまり身近に接することのない競技をあれやこれや見て、やっぱりオリンピックはいいなぁ〜なんて思ったりして。わーい(嬉しい顔)

一番面白かったのはカーリング。見ていて面白い!
真剣な表情の選手たちもいいです。
状況を見て、ゲームの流れを考えて、思ったようにいくかいかないか。
かなり地味な競技に見えますが、テレビでああやって見ていると結構熱いし、面白いです。

まだまだ競技は残っています。みんながんばれー!
タグ:浅田真央
posted by アフロ・レイ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、スポーツを見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

続・どうなる? ニッポンのサッカー

東アジア選手権が終わりました。
W杯に出場しない2チームを含めた4チームでの争いで、日本チームは3位となりました。ふらふら
W杯4強どころのレベルではありません。あと数ヶ月でそこまで強くなれる?
不可能でしょう。
海外組を入れればもっと強くなる?
中村俊輔をはじめとして、あまり期待できそうにありません。ふらふら強いてあげれば本田でしょうか。でも今の状態ではチームの中で浮いてしまいそうです・・・

日本のサッカー。
中盤でのパス回しはうまくなったような気がします。
けど、自分のゴール前と相手のゴール前あたりでは、どうもいまいち。
このままずるずるといってしまうのでしょうか?
タグ:サッカー
posted by アフロ・レイ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

首相たちの金銭感覚

鳩山首相の周りで、また資金提供問題でもめています。今度は兄弟喧嘩のようです・・・・がく〜(落胆した顔)
別にお母さんにお小遣いをおねだりしたかどうかはどうでもいいです。
それよりも何億円というお小遣いをもらったのに知らなかったという金銭感覚がわかりません。
多分、鳩山首相の金銭感覚は普通の人の10000分の1、少しお金持ちの人の1000分の1くらいだと思えます。
数万円、あるいは数十万円なら秘書がもらったから知らなかったと言って普通の人なら納得できると思います。数億円なら納得できません。
鳩山首相の感覚なら普通の人でも納得できると思う金額なのでしょうふらふら

もう1人、民主党の小沢幹事長。この人も鳩山首相と同じくらいの金銭感覚の持ち主のようです。
預貯金ゼロでも、タンス貯金は数億円、じゃなくて数十億円?
後援会が土地を買うのに4億円もぽんと出すくらいだから、きっとすごい金額のタンス貯金があるのでしょう。

いったい小沢さんちのタンスはどれほどでっかいんでしょうか?ちっ(怒った顔)
タグ:政治
posted by アフロ・レイ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、政治を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

どうなる? ニッポンのサッカー

昨日のサッカー、東アジア選手権の日本代表×香港代表戦をテレビ観戦したのですが日本代表、いまいちです。ちっ(怒った顔)
結果は3―0で勝利したのですが、今年はもうすぐW杯があるというのに、こんなんで大丈夫? といった内容です。
どうも、オシム監督が倒れたころから日本代表は弱くなってきたような気がします。(決して岡ちゃんが悪いといっているのではありませんふらふら
今からでは遅いのですが、やっぱりもっと勢いのある若手をどんどん起用したほうが良かったのではないかと思います。

この日の気候と同じように、がらがらでお寒い雰囲気のスタジオ。
日本の盛り上がりも、W杯の成績もこのままお寒いままにならないように祈っています。
タグ:サッカー
posted by アフロ・レイ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、スポーツを見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

トヨタのリコール問題

アメリカから始まったトヨタ自動車のリコール問題。
今のトヨタを引っ張っているハイブリッド車の代表格、プリウスにまで飛び火して大変な状況になってしまいました。どうも裏にはいろいろなメーカーのいろいろな事情が絡んでいるようですが、素人の私にはよくわかりません。がく〜(落胆した顔)
しかし、もはや日本車の安心安全神話は崩れかかっていると見て間違いないでしょう。
今まで壊れない、品質が良いということでシェアを伸ばしてきた日本車ですが、アメリカ以外の他の国々のメーカーがそんな状況を指をくわえて見ているはずがありません。いまや韓国やヨーロッパのメーカーのクルマだって日本車とそれほど変わらないでしょう。
この先、日本のクルマ作りはどのようになっていくのでしょうか。


昨年、聞いた話ですが、トヨタは下請けの部品メーカーにかなりのコストダウンを要求したようです。その会社に少しでも余裕があるならその分を価格に載せて単価を下げろとすぐに要求されたようです。
そんなに下請けを締め付けて品質は大丈夫なのかなぁなんてそのときは思いました。
今回の件とは直接は関係ないと思いますが、これからもまだリコール問題が出てきそうで心配になります。

物価の高い日本で物を造り世界と勝負するには、徹底したコスト削減と効率化が求められ、それを強烈に推し進めてきたトヨタですが、果たしてそれが本当に正しい道だったのでしょうか。

今や日本を代表する企業トヨタ。トヨタが転べば日本も転ぶ?ちっ(怒った顔)
posted by アフロ・レイ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アフロ、経済を思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。